ランニングで胸での垂れは走った時の揺れが原因!靭帯破損の危機

ランニングやジョギングを行うと、特に大きなバストの女性はかなり大きく揺れますよね…
走ると、体が上下にはねると同時に胸が上下に揺さぶられると、
バストを下垂から守っている一番大事なものが、破損の危機にさらされるのです!!

 

それは、クーパー靭帯です。

 

 

クーパー靭帯は、筋肉も骨もないバストの重さを一生懸命下に下がってしまわないように
吊り下げてくれている靭帯になります。

 

しかし、クーパー靭帯は、ゴムのように伸びても縮むという性質ではありませんので、
破損してしまうと、取り戻せないわけですね…。
ランニングはウォーキングなどに比べて、そのダメージがかなり大きいので、
ランニングで胸が垂れやすいわけですね…。

 

だから、ランニングをするときには、ホールド力のあるブラをしっかりと着けておくことが
とても大切です。

 

 

しかし、落とし穴はココにありますよ!

 

ランニングをしよう!と思った時は、ホールド力の強い
スポーツブラなどに着替えたとしても、普段、電車の時間に間に合わせるために
走ったりするときにもバストの揺れでクーパー靭帯の破損は起こってきますよ!

 

 

特に胸が大き目の女性はどのようなブラをしておくべきなのかは
コチラで詳しくお話しています。

関連ページ

ヌーブラって垂れる?
ヌーブラでは胸が垂れるのかな?と心配している方も、谷間を作りたいからヌーブラをしてみた方も、胸の下垂には注意が必要です!ヌーブラと胸が垂れることについて詳しくお話しています。
ダイエットしたら垂れた…
ダイエットで痩せたら胸が垂れてきたという女性へ。垂れてきている胸をそのまま放置していると、もっと下垂が進行しやすくなって、無残な状態になってしまいかねません。特にダイエット後の体では…。その注意すべき部分と今後の対策について是非参考にされてみて下さいね!
猫背で胸が垂れる?
猫背は胸が垂れる原因になるって本当?!姿勢が悪いと、バストに悪影響が及ぼされるのですが、猫背だとなぜ胸が垂れる原因になってしまうのでしょうか?